協会ご案内 スローガン 組織図 役員名簿 委員会名簿 所在地

 会長挨拶 | 協会目的 | 定款 | 設立経緯 | 管工事の種別


会長挨拶

生活空間のグリーン化に向けて
 
 

 札幌空調衛生工事業協会(略称:札空衛)は昭和63年9月に「管工事五十年の歩み」を刊行しましたが、それから既に今日まで20年を経過しております。
組織は、創設時の昭和13年から昭和29年までの間に名称を6回変更し、6回目の名称「北海道管工事工業協会」を昭和59年4月1日「札幌空調衛生工事業協会」に改め、会員数75社でスタートしました。
私たちは、長年、建築設備業を通して市民の快適な生活環境づくりに寄与してまいりましたが、平成17年から19年にかけての建設産業を取り巻く環境は、独禁法の改正、建設業法の改正、品確法の施行、公益法人制度改革3法の成立、官製談合防止法の改正など、大きな変革の嵐に見舞われました。
このような中、本部((社)日本空調衛生工事業協会)は、平成18年6月に「コンプライアンスの徹底」「団体運営の公正性・透明性の向上」を柱とする事業活動の推進を会員に通知し、「組織のあり方」について検討を開始しました。一方、(社)北海道空調衛生工事業協会はワーキンググループを立ち上げてほぼ同時進行で検討を開始し、内部組織「札空衛」の法人化を始め経営課題の改善を答申しました。
 札空衛はこのような経緯を経て平成19年8月1日有限責任中間法人に衣替えし、公益法人3法の施行後、第3回定時総会(平成21年2月25日)を経て、一般社団法人の設立登記を済ませました。
  私どもの目的は、建設設備業者としての社会的責務と立場を自覚し、技術の進歩が目覚しい建築設備に関する諸問題を究明し、経営の改善に努めながら地域の環境改善と市民の快適な生活環境づくりに寄与していこうとするものであります。
 市民の皆様並びに関係する行政の皆様のご指導とご鞭撻を切にお願い申し上げるしだいでございます。
                            平成21年4月1日

       

協会目的

本協会の目的
 

  当法人は、管工事業(建設業法(昭和24年法律第100号)別表下欄に掲げる管工事業をいう。以下同じ)の施工技術の向上及び経営の改善を図ることにより建築設備の進歩改善を促し、もって市民の生活環境の改善に寄与することを目的とし、目的達成のために次の事業を行う。

  1. 管工事業の技術と経営の改善に関する調査研究、指導及び奨励。
  2. 管工事業に関する制度と施策の調査研究及び要請。
  3. 管工事業に関する技術員、技能工の養成、啓発及び労働災害防止並びに安全衛生等に関する調査研究及び指導。
  4. 管工事業に関する技術書及び機関誌の刊行。
  5. 関係機関及び団体との連絡調整及び要請。
  6. その他目的を達成するために必要な事業。

 

ページTOPへ


定款

 平成19年制定、平成21年2月変更版(PDF版 102KB)
 

ページTOPへ


 

設立経緯

 一般社団法人 札幌空調衛生工事業協会設立の経緯

     
 
年 次 名 称 等 設 立 概 要
昭和13年

札幌暖衛工業会 創設(6月)

昭和13年6月、政府は戦争遂行に向け民需抑制のため「臨時物資需給調整令」を発令
業界として、政府方針に対処するため工業会を設立した。(会員6名)

昭和16年 北海道管鉄工組合 設立(1月)

「鉄鋼配給統制規則」に基づき道内主要業者30数社が結集し設立

昭和18年 北海道管工事組合 発足 札幌暖衛工業会を組織変更
昭和19年 北海道管工事統制組合 発足

北海道管鉄工組合と北海道管工事組合が合流(会員数60数社)〜終戦で自然休業

昭和25年 北海道管工事組合 設立

北海道管工事統制組合を解散、業界の団結を図るためにスタート〜当協会の前身

昭和29年 北海道管工事工業協会に改称

昭和45年、会員を中心にして、現在地に
竃k海道設備会館を設立して、池田煖房工業鞄烽ゥら転居する。

昭和59年

札幌空調衛生工事業協会
 発足(4月)

札幌管工事業協会で準備を進め、3月に設立し、同時に現名称に変更決議する。
会員数75社で4月1日に発足する。

北海道管工事工業協会解散(4月)
北海道空調衛生工事業協会
連合会 設立(12月)

第30回定時総会(4月)をもって解散
道内同業者の技術力向上、経営基盤強化親睦、を目的として、全道各地から参加した18団体からなる構成員で発足した。
各種事業計画を進める中で、法人化による活動の要望が高まった。

平成5年

(社)北海道空調衛生工事業協会
 設立許可申請(3月10日)
 同申請許可(6月1日)
 同設立登記完了(6月7日)

北海道における唯一の建築設備業(管工事業)団体として、業者の質的向上、道民のための快適な生活環境づくりを推進し、道民の福祉向上に寄与していく。
(18地域団体、会員数358社で発足)

平成19年

札幌空調衛生工事業協会 解散
有限責任中間法人札幌空調衛生工事業協会 設立(8月1日)

団体運営の公正性と透明性を高めるため、任意団体から有限責任中間法人へと組織を変更した。

平成20年

一般社団法人札幌空調衛生工事業協会へ移行(12月1日)

公益法人制度改革3法が施行され、中間法人法が廃止されたため、札空衛は一般社団法人に移行した。

平成21年

一般社団法人札幌空調衛生工事業協会 の名称を登記(3月10日)

第3回定時総会(平成21年2月25日)で名称等の定款変更。

 

 

 

ページTOPへ

管工事の種別

皆さんの快適で安全な社会生活をサポートしています

  1.空気調和設備工事 (暖房,冷房,換気,空気調和)
  2.給排水衛生設備工事 (給水,給湯,排水,ガス,厨房)
  3.環境衛生設備工事 (汚水処理,し尿浄化槽,塵芥処理,その他公害防除設備等)
  4.消火設備工事 (消火栓,スプリンクラー,水噴霧,泡消火,二酸化炭素消火,粉末消火等)
  5.特殊管設備工事 (冷蔵,冷凍,輸送管,その他産業設備等)
 

ページTOPへ


戻る


(C) Copyright 2013 一般社団法人 札幌空調衛生工事業協会 All rights reserved.